このページのトップへ

  • トップページ
  • お知らせ
  • コンセプト
  • イベント
  • 取り扱い技術
  • 加盟会社
  • 入会案内
  • お問い合わせ

取り扱い技術

GNNアワード2015

  • 私たちの思い
  • 元気な仲間のご紹介
  • イベントのご報告

流動化処理土 ECON/IWA(長岡生コンクリート)

ECON/IWA
ECON/IWA の7つのメリット - 生コン工場の問題解決!-
  1. 戻りコン問題解消
  2. 夕方たった1回15分
  3. 翌日の粉砕作業から解放
  4. 残業代カット
  5. 騒音粉塵ゼロ
  6. 生コン車の拘束なし
  7. 産廃処理費用ゼロ

従来のフローでは

現場で余る(20m3) ⇒ 持ち帰る ⇒ 構内の所定の位置にストック ⇒ 翌日重機を用いて担当者が1時間?2時間かけて砕く(騒音・粉塵) ⇒ 産廃処理業者に引き取ってもらう (有料 ※東京都m3/7000円 ⇒ 20×7000+140000円

IWAのフローでは

現場で余る(20m3) ⇒ 持ち帰る ⇒ プールに捨てる ⇒ 15分かき混ぜる ⇒ 翌日骨材の出来上がり(2500)(※IWAm3定価3000円×20m3÷2.3骨材比重 = 1300円 / ton単価の骨材が手に入る)(廃棄量0円) ⇒ 翌日から生コンクリートの材料として再利用

1.環境に優しい、エコアピール

骨材の再生利用 / CO2の削減に!

従来は econでは

2.コストダウン

基本性能である埋戻し材の他に、捨てコン、ラップルコン、Non-JIS品などにも安くて良いECONを使えます。

30%OFF!

流動化処理 ECONの配合

配 合 スランプ 用 途 料 金
200
(15N程度)
A(8~12cm程度) 固まればOK 9,000円
B(8~12cm程度)
300
(18N程度)
A(8~12cm程度) 通常用途 9,300円
B(8~12cm程度) 通常用途(ポンプ打設)
300
(21N程度)
A(8~12cm程度) 強度が欲しい
ポンプ打設
9,600円
B(8~12cm程度)

3.流動化処理土 ECONの耐久性 / 性能アップ

強度が上がる、耐透水性の向上

生コン econ 施工の様子1 施工の様子2

三か月で2,000㎥以上の実績

使用材料 水+固化材+細骨材+IWA骨材+混和剤+建設発生残土等
基本スペック スランプ 8~18cm   強度 13.5~21N ㎡程度

お問い合わせ