このページのトップへ

元気な生コンネットワーク事務局からのお知らせ・トピックス

サブメニューMENU

私たちの想い。CONCEPT

私たち、元気な生コンネットワークの目指す未来、想いをご紹介します。

会員限定 生コン広場FORUM

会社、現場の問題を解決します!

会員限定 生コン広場。会社、現場で起こる問題を共有、解決します。

関連リンクLINKS

フェイスブックFacebook

OWICS国際会議inシンガポール(8月23~25日)

今年も、8月にOWICS国際会議をシンガポールで行われます。
参加希望の場合はGNN事務局にご連絡下さい!

OWICS1.jpg

OWICS2.jpg

OWICS3.jpg

「世界初!生コンピタゴラスイッチ! 生コン、残コン、そしてi-Con! 第20回GNN技術勉強会in長野開催しました!

今年の長野大会は凄いことになりました!

世界初!生コンピタゴラスイッチ! 

全国各地より国内に数台しかない特殊車両が長野に集結!生コンピタゴラスイッチ はっ♪じまっ♪るよ♪

https://www.youtube.com/watch?v=UYaT1ApD3A0&feature=youtu.be

19179417_479052655767787_1795092806_o.jpg

トップバッターはProbe搭載ミキサー車の登場!

19024770_978658242236508_55307237_o.jpg

実際の受け入れ試験値との整合性を見て、ポンプ車にバトンタッチ!

ポンプ車には先行モルタルを使用せず、スラッジ由来の先行材「モレステ」を使用しポンプ圧送!ブーム+30m配管をたったバケツ2杯の先行材で通すことができるのか!

moresutesann-thumb-600xauto-2988.jpg

会場の誰もが心配の眼差しで筒先を見つめる中、ラクラク開通!

続いて、ベルトコンベア付ミキサー車「ネコイラズ」にバトンタッチ!

19048692_978658148903184_440108479_o.jpg

ポンプ筒先から排出される生コンを高さ3mのモビックスに難なくベルト輸送!

そしてバトンを受けたモビックスでは、IWAシステムを混練してあっという間にリサイクル骨材に早変わり!

19024593_978658155569850_391038043_o.jpg

いやいや、これには会場のみんなも度胆を抜かれました!

そして出来上がったリサイクル骨材は移動式ベルトコンベア「テレベルト」にて長距離移動!

19047083_978658235569842_2111578820_o.jpg

移動したリサイクル骨材はモバイルミキサーにバトンタッチ!

19047388_978658332236499_234341645_o.jpg

モバイルミキサーでは、貯蔵されたリサイクル骨材を使い再生コンクリートを製造!

出来た再生コンクリートは、再びポンプ車に排出され一周まわりました!

今回初となった、生コンピタゴラスイッチは、練習なしのぶっつけ本番の挑戦でした。途中多少のアクシデントはありましたが、

大成功で終わりました!

長野でしか体験できない、壮大な生コンデモンストレーション!来年も進化したピタゴラスイッチとなるよう準備をしますので期待して下さい!

大人が自慢のおもちゃを持って集結し、不可能を可能にする長野大会のデモンストレーションをご覧いただき、イノベーションを起こして頂ければ嬉しいです!

そんな長野大会は、ピタゴラスイッチだけではありません!

会場内のプレゼンテーションでは、i-Conをテーマとしたプレゼンや、残こんフォーラムが行われました。

トップバッターは、「生コン×i-Con施工者からの目線」と題し、YDNやんちゃな土木ネットワークから㈱正治組大矢洋平氏により土木のi-Con最先端技術を、そして㈱大林組杉浦伸哉氏により生コン業界も他人事ではないi-Conって何?をプレゼンテーション頂きました。

19126145_1904686339784255_2060521088_o.jpg

続いてバトンを受けたのは、「生コン伝票電子化!」今、鹿島建設、大成建設、GNNで進めている最新事情を、大成建設㈱北原剛氏により紹介頂きました。

19105147_1904686329784256_1040189410_o.jpgのサムネイル画像

3番手に登場したのは、「生コンi-Conの未来予想図」アメリカ最先端の技術をComand Alkon社に代わりGNN Machinery Japan 毛利彰仁氏によりご紹介。スマートアジテーター構想で生コン輸送の一元管理の未来予想図が披露されました。

19197427_1904686343117588_237003819_o.jpg

そしてアンカーは残コンフォーラム。

世界の残コン最先端技術が、イタリアMAPEI社 ジョルジオ フェラーリ氏により紹介されました。

19125312_1904686323117590_287822895_o (1).jpg

今年も長野大会は壮大なスケールでデモンストレーションとプレゼンテーションが行われました!

来年も、生コンピタゴラスイッチ第2弾を予定しております!

GNNしかできない世界一の生コンピタゴラスイッチをお見せ致します!イノベーションにご期待ください!

「生コン屋さんのソリューション 生コン、残コン、そしてi-Con」第20回GNN技術勉強会in長野開催します!

「生コン屋さんのソリューション 生コン、残コン、そしてi-Con」第20回GNN技術勉強会in長野開催します!

来たる6月9日金曜日第20回GNN技術勉強会in長野が開催されます!

4年目の生コンライブ(デモ&プレゼン)も長野で元気に開催!今年のデモは「生コンピタゴラスイッチ」!そして話題のi-Conでは施工者側から鹿島建設・大成建設・大林組そしてYDNにもご参加頂き、生コン伝票電子化や施工者側目線でi-Conを提案!さらに完全ペーパーレスアメリカ最先端技術の紹介、残コン世界最先端の発表(イタリア・スイス)など、今年も国際色豊かに、来て見て触れる生ライブとなります。

参加申込み随時受付中!

大会プログラム参加申込みはこちらからどうぞ!

一部内容が変更となっておりますのでご注意ください。

第20回GNN技術勉強会in長野 案内参加申込み④.pdf

さらに今年も関係メーカーの皆様よりスポンサーブース出展のご協力をお願いしております。

詳しくはこちらをご覧ください。皆様のご協力を心よりお待ち申し上げます!

第20回GNN長野大会 出展協力のお願い.pdf

日 時主  催:GNN元気な生コンネットワーク・長野県生コンクリート工業組合(共催)
日  時:●GNN技術勉強会&デモンストレーション
      平成29年6月9日(金) 13:00~17:10(予定)
     ●すみへいフェア 屋外展示
      平成29年6月9日(金) 10日(土)
場 所場  所:ビックハット 長野市若里多目的スポーツアリーナ 若里文化ホール(勉強会)
http://www.nagano-mwave.co.jp/bighat/
〒380-0928 長野市若里3丁目22番2号 Tel.026-223-2223
勉強会/若里文化ホール  デモンストレーション/ビックハット駐車場
定 員無制限
参加費参加費用:無料
懇 親 会:6月9日18:00~ メトロポリタン長野(長野駅直通)会費5,000円
     準備の都合上懇親会の参加申込みもお願いします。
お問い合わせGNN事務局             
〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡1407-34 ㈱GNNオフィス 担当 池上(いけがみ) 
Tel:055-947-0049   fax:055-947-0052 nagaoka-rmc@yr.tnc.ne.jp

【祝全生技術大会開催記念企画】GNN公開ワークショップin東京開催します!

【祝全生技術大会開催記念企画】GNN公開ワークショップin東京開催します!

「祝全生技術大会開催記念企画GNN公開ワークショップin 東京」

プログラム

1.残コン技術フォーラム設立(GNN発各種残コンソリューション)

2.i-Construction最前線(GNN発i-Construction関連技術)

3.GNN生まれの透水性コンクリート普及状況報告

4.その他 ディスカッション・GNN共同購買成果報告等、豪華ゲスト多数予定

※プログラム・講演者は流動的です

参加申込み資料はこちらから

GNN公開ワークショップご案内20170329.pdf

日 時日時: 4月14日(金) 13:00~16:45 (予定)
場 所場所: クリエクロス神田(別名NATULUCK神田駅前) 
神田駅から徒歩2分/日経ホールから徒歩15分
    東京都千代田区鍛治町2-3-2神田センタービルディング6階
     http://www.natuluck.com/tieup/creacross_kanda.htm#101
定 員定員: 100名(申し込み先着順)
参加費参加費: 無料  
(但し、懇親会参加の場合はワークショップ夜会費として 8,000円※テキスト代含む)
お問い合わせお問合せ:
GNN事務局:株式会社GNNオフィス 担当池上迄
〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡1407-34
TEL:055-947-0049 FAX:055-947-0052 Email:nagaoka-rmc@yr.tnc.ne.jp

帰ってきた大阪の熱い生コン! 暑中コンテーマに250人が集結!

IMG_7908.JPG

317日金曜日、大阪科学技術センターにおきまして、

19GNN技術勉強会in大阪が開催され250名を超える技術者

集結しました! 

IMG_7914.JPG

日本建築学会近畿支部材料・施工部会との共催シンポジウムとなった

本大会は、暑中コンをテーマに、基調講演を始め、学会そしてGNNから

発表がありました。 

会場を埋め尽くす関係者は終始真剣な眼差しで、プレゼンターの発表に耳を傾け、まさに「帰ってきた大阪の熱い生コン!」となりました!

IMG_7910.JPG

35℃の壁に技術者たちが真剣に議論し研究を重ねる。

まさに時代の最先端をいく共催シンポジウムです!

今年の夏も熱くなりそうです! 

次回、イベントは4月21日金曜日 「祝全生技術大会開催記念」公開ワークショップin東京を開催します。

皆さんのご参加をお待ちしております。